歯並びでお悩みであれば裏側矯正がオススメ

歯並びでお悩みであれば裏側矯正がオススメ

矯正

周りに治療中だとバレにくい

矯正装置は目立ってしまうものがありますので、治療中であるとバレるのが恥ずかしいと感じる人もいらっしゃると思います。また歯の表側に矯正装置をつけていると食事中でも周りが気になりますので、楽しく食事することができません。裏側矯正は歯の裏側に矯正装置を装着しますので、他の人に矯正装置を装着していることを悟られずに済みます。

男性

治療中は虫歯になりにくい

歯の表側に矯正装置を装着すると、歯磨きがやりづらくなり磨き残しが出てくる場合があります。磨き残しを放置したままですと虫歯になる可能性があり、虫歯治療をする手間が増えてしまいます。裏側矯正は歯の裏側に装着しますが、歯の裏側のエナメル質は表側よりもぶ厚いので虫歯菌にも強いです。なおあくまでも虫歯になりにくいので、歯磨きをサボると虫歯になりますので、毎日きちんと歯磨きをするのが大切です。

表側矯正と裏側矯正の違い

表側矯正

歯の表側に矯正装置を装着する方法です。この表側矯正で最も一般的なのが金属ブラケットでしょう。強度が高く費用も比較的安価です。

裏側矯正

歯の裏側にブラケットを装着する方法です。以前の裏側矯正では舌が痛くなるなどのデメリットがありますが、装置を作る技術が進歩して様々あるデメリットがさほど気にならないレベルまでになっています。