虫歯の予防法[予防歯科での検診も忘れずに]

虫歯の予防法[予防歯科での検診も忘れずに]

治療

歯磨きをする

一番基本的でかつ重要な予防法です。力を入れすぎると歯が削れてしまいますので軽い力加減で磨くようにしましょう。歯ブラシを小刻みに動かすようにして磨くと効果的です。なお歯と歯の間には食べかすなどがつまりやすいので、デンタルフロスを利用するとよいでしょう。

医療器具

キシリトールを利用する

キシリトールは甘味料ですが、虫歯菌はキシリトールを栄養源として利用することができません。無理矢理栄養源にしようとするとエネルギーを無駄に消費するので弱くなります。その結果虫歯菌の減少に繋がるのです。

歯医者

定期的に歯科で診てもらう

歯科医師に口の中をチェックしてもらうのも大事な予防法です。こまめに検診することで、いつまでも健康な歯をキープすることができるでしょう。また正しいブラッシングの仕方も教えてもらえます。銀座方面には優良なクリニックがたくさんありますので、虫歯や歯周病にならないためにも予防歯科へ行きましょう。

進行度別虫歯の治療法

歯

C1

歯の表面のエナメル質が溶け始めて、ごく小さい穴ができた状態です。初期症状のため痛みはありません。虫歯になった部分を削り取り、樹脂などで穴を詰めます。

C2

虫歯が進行し象牙質まで菌が達している状態です。冷たいものを摂取しようとするとしみる場合があります。C1の時と同様に虫歯を除去した後に詰め物をします。

C3

歯髄と呼ばれる歯の神経が通っている箇所にまで虫歯菌が侵攻している状態です。歯髄を取り除いて差し歯を入れる治療が施されます。

C4

歯の大部分が虫歯になり手の施しようがない状態です。この状態になると歯を残す治療はできませんので、抜歯する方法がとられます。